相田百合子の地球丸かじり

酵母パン、酵母食、世界の家庭料理が得意分野の料理研究家が日々の食生活の紹介とコロナに負けない「おうち時間の楽しい過ごし方」を日々発信中 著書「魅惑のエスニック料理」「自家製酵母でパンを焼く」等多数 「うかたま」で自家製酵母パンご紹介やクロワッサン「女の新聞」など 西東社「美味しい果樹の育て方」で料理を担当。10/19より全国書店で販売

ブログ移行しました

ポルタからリスボンに移動。最後の夜はホテル。
ポルタの美味しいパン屋に行き4時間半バス。ホテルに入り夕食は近くのチキン専門店。
PXL_20220628_094243581
PORTRAIT
PXL_20220628_191414065
バスタブもありゆっくりお風呂タイムのあとのんびりします。こんなに大きなトランク持ってきてどうするのかと呆れられたものの持ち運びは私がしたし詰め込めなかった荷物をとりあえずトランクに入れたりと重宝でしたね。まだ日本までは2日近くの時間かけて帰国。

こちらに来てから魚、肉、ワイン、果物、チーズ、生ハムと普段の食生活よりも食べすぎ傾向なので今日はひとり行動。それでも市場からの帰途は9000歩。
PXL_20220627_104834492

PXL_20220627_094316119
月曜日は生の魚売り場は1軒。あとは冷凍🐙とか干したタラとか缶詰、果物、野菜、ワインが並ぶ。夕食も抜き。海から帰って来る人達には今、オーブンでジャガ芋スライスを焼いており次に鳥の胸肉とパスタを炒めて又チーズのせて焼く。カレーもあるから。世界遺産のポルトは新しい建物が建てられない地域は内装もお金かかるから郊外に移る人も多い。なんせポルトも坂が多くて古い建物に暮らすのはお年寄りには過酷かな。3時間も高速バスに乗ったけれども見える景色は松の木ばかり。植林を本気でしてないとつまらない景色で緑もない。
魚は安くて美味しいしワインも水代わり飲める程安価。野菜は家の畑ので充分だし程ほどの量の鰯、鯵、鯖をたべている今の生活が良いと。カステラみたいなのは甘いけれどしっとり感がない。卵、砂糖、蜂蜜でかつてベターホームで習ったレシピ。帰国したらリサーチします

レトルトカレーを使って煮込み。
MP
この大きなまな板は使いにくい。なので適当に切って鍋に。夕飯用。本日彼らは海。私はパス。暑い浜辺でテントの中にいてなんてちょっと。畑で十分日焼けしております。

夕飯を一品作っておく。あとは残りの食材を使って夜適当に。まだ🐙シチューも残ってます。パスタとポテトも使わねば。 
PXL_20220626_075124716
庭のハーブと昨日残ったトマト、ニンニク、白ワイン少しで炒めてから煮る。適当料理。

パソコンも使わないし早寝なので早起き。一人でコーヒー。🐙調理。大量だが煮るとかさが減る。胡椒とトマト缶、玉ねぎ、マッシュルーム、ニンニク、オリーブオイル。自分の家を旅行者にも貸し、上の階に暮らしている。イケアのキッチンなので見た目おされな感じだけれども安価なものばかりだから耐久性はどうなのかな。PXL_20220624_174942230
PORTRAIT
PXL_20220625_065139621
とにかく🐙煮込みは良い匂い。

高速バス3時間。
PORTRAIT
PXL_20220624_174942230
PXL_20220624_174836209
PXL_20220624_174802580
晩御飯作りましたよ。まあキッチンは使いやすい。ワインと生ハムとチーズで気分良くなりあとはこれからこのベッドで寝るだけ。
PXL_20220624_174746284

今回は皮靴でエコ、履きなれてしっかりしたので正解。ちょいと散歩とかで軽くフラフラ歩く角度の道はほぼ無い。
PXL_20220623_194021324
PXL_20220623_163134158

🐙、イカ、タラのグリルの一皿。素材が良いから美味。毎日山登りしてます。なので呑んでも食べてもあまり影響無しで。年間1人60㌔さかなを食べる国らしいけれど鱈は肉厚ですね。日本のスーパーの鱈は薄くて。

であいましたよ
PORTRAIT
生チーズケーキとか生カステラとか日本でも売られているけれどこれも同じかも。まだ食べてませんが。エスニックの講座ご参加の方も数日後ポルトガルに。あらら。
MP
おされなお菓子屋さんもあれば庶民的な所もありましたね。

このページのトップヘ